Adobe Flashが2020年末で終了

Googleの検索からFlashはすでに削除済み。

Flashコンテンツを検索しても結果に出てきません。

各ブラウザの対応

Chrome:2020年末にFlashのサポートを完全終了
Firefox:2020年末にFlashのサポートを完全終了
IE:2020年末にFlashのサポートを完全終了
Safari:2020年末にFlashのサポートを完全終了

サポートを終了=表示できなくなる

Adobeも2021年からはFlashを開発しません。

対処法の例

1)動くコンテンツをやめて静止画にする

動く必要性が低い場合はこちら。最もコストが安く早い。

 

2)時間や制作費のコストはかかるけどHTML5で作り直す

どうしても動かしたい場合はこちら。修正ではなくHTML5で「1から作り直す」ことになるので、それなりのコストがかかります。

 

3)サイト自体をリニューアル提案

Flashコンテンツがあるサイトは2010年ジョブスによる「Thoughts on Flash」以前に制作されている古いものがほとんどなので、サイト自体を作り直した方が良いケースがあります。

Thoughts on Flash

スティーブジョブスがiPhoneでFlashをサポートしないと宣言したメッセージ。これがきっかけになり、業界が一気にFlashの締め出しに向かうことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × one =