特定データサイズのファイルが必要な時

特定サイズのファイルが必要な時

JavaScriptでファイルサイズを取得するプログラムや、メール送信テストで何MBまで正常に送ることができるのか? などの時に

「このぐらいのサイズのファイルがあればなあ」

「100GBのPDFファイルでテストしたい」

などの場合、自力で作ろうとするとすごく大変です。

巨大サイズのファイルが必要な時、たとえば100GBのPDFを作るために、何千枚もの画像を配置しなければならなかったり、そのPDF書き出しに何時間もかかったりします。(大抵エラーで書き出せませんが)

fsutilコマンドを使おう

そんな時に役立つのはWindowsのコマンドプロンプトで使える「fsutil」コマンド。
指定したファイルサイズのファイルを一瞬で作ることができます。

まずはコマンドプロンプトを起動します。Windows内の検索やCortanaちゃんに「cmd.exe」や「コマンドプロンプト」を探してもらいましょう。出てきた黒い画面に以下のコマンドを入力すると、指定したサイズのファイルが生成されます。

fsutil file createnew [ファイル名][サイズ]

具体的に記述すると……

fsutil file createnew 100gbfile 107374182400

これで100GBのファイルが生成されます。

サイズはByte指定なので、Bit計算ができる計算機などで算出すると便利です。

pdfファイルとして扱いたいなーって場合は、拡張子を.pdfにすればOK

バイト計算しなくていいようなサンプル

fsutil file createnew 100gbfile 107374182400
fsutil file createnew 50gbfile 53687091200
fsutil file createnew 10gbfile 10737418240
fsutil file createnew 5gbfile 5368709120
fsutil file createnew 1gbfile 1073741824
fsutil file createnew 500mbfile 524288000
fsutil file createnew 100mbfile 104857600
fsutil file createnew 50mbfile 52428800
fsutil file createnew 10mbfile 10485760
fsutil file createnew 5mbfile 5242880
fsutil file createnew 1mbfile 1048576

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × two =