サクラエディタの起動が遅い場合の対処法

Windows10にしてからサクラエディタの起動が、ワンテンポ遅いというか、テキストエディタのわりに遅すぎるようになったので、タスクマネージャーで調べてみると Antimalware Service Executable がサクラエディタの起動時に何かをチェックしているっぽい。

Antimalware Service Executable は Windows Defender が実行するサービス。

ということは、除外設定にサクラエディターを追加すれば解決しますね。

Windows Defender除外設定の手順

Windows Defenderの設定1

設定でWindows Defenderを検索して、Windows Defenderセキュリティセンターを開き、ウイルスと驚異の防止を選択。

Windows Defenderの設定2

(注意)この設定画面は、Windows Defenderウイルス対策のオプションで、定期的なスキャンをオンにしていないと表示されません。

ウイルスの脅威と防止の設定を選択。

Windows Defenderの設定3

除外設定で除外の追加または削除を選択。

Windows Defenderの設定4

除外の追加でファイルを選択して sakura.exe を除外として追加。

これで起動がもたつくことがなくなります。

Adobe製品のBridgeとDreamweaverも Antimalware Service Executable の影響を受けるので
、もしインストールしている場合は追加しておくと快適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × two =